FC2ブログ

岡田英之の駆ける日本史

岡田英之の研究日誌に御座ります。発端は先祖調査なので御座りますが、其れに留まらず、歴史や伝統文化・工芸・美術・芸術・技術などに関わる活動の記録に御座候。

02/25のツイートまとめ

Genji_Samurai

RT @Sankei_news: 東京五輪パラリンピックを記念したコイン 5種類の図柄を発表 →価格は額面1万円の金貨が12万円https://t.co/t3Yb3X2uPI
02-25 21:33

さて、資料を作成、纏めて御座りますが、茶を一服。
02-25 21:32

RT @naoejou: 一昨日、岩波文庫から復刊された『足利尊氏』(山路愛山著)逆賊扱いされていた足利尊氏を高く評価し、明治42年当時桂内閣の言論弾圧の下に出版されたもので、この2年後には「 南北朝正閏問題 」が起き尊氏はタブーと化す😭三分の一程度、執権北条氏に触れてる…
02-25 18:14

RT @sanpocafe: 3月は、11日に<入門編>の江戸城散歩会もります! ガイドは城跡&古戦場ウォーカーのサイガ氏がガイドです。ただいまご参加受付中ですー!(^o^)/https://t.co/wjAecExdnn
02-25 18:14

RT @umoretakojo: 茨城県鉾田市の三階城は以前は足を踏み入れるのも難しいヤブ城だったが、近年整備が進み、現在は東側の一部の曲輪を除いてほぼ全域が下草や倒木の無い、管理状態の良い里山林となっている。主郭は土塁が全周し、下段には横堀を回す。ぜひ足を運んでほしい城である…
02-25 18:13

RT @yoshiteru_hsgw: 【お城好きの皆さん!】岡山県岡山市の宇喜多直家の居城の「亀山城(沼城)」の写真をお持ちの方、いらっしゃいますか!?もしいらっしゃいましたら、拙著に関してのご相談がありますので、リプライでもメッセージでも何でも、リアクションをいただけ…
02-25 18:10

RT @Jun6677Kjya: 日光東往還⑤ムルデルさんの碑の他に、もひとつ行きたかった場所が…利根運河大師(大正2)です☆見つからないハズ、土手の下にありました(*´ω`)運河の工事でたくさんの命も奪われたそうです。。このような祈りの場も忘れてはなりません…#日光東往還…
02-25 15:00

RT @aiai5631: 仁和寺と御室派のみほとけ展。1月にも行きましたが2/14以降の入れ替え展示を観たいがために再度やって来ました!夫ちゃんも来たがってたので一緒に✨撮影可能コーナーの迦楼羅王が私の推し。カッコよすぎる。 https://t.co/MhsuHSOYhi
02-25 14:59

RT @sengokuage2015: 津市にある家城城❗️①主郭の周りの帯曲輪 ②主郭。案内は「家城城 城跡」だけw ③二重堀切のうち、主郭側のほう。なかなか大きい ④二重堀切のうちもう一つ https://t.co/45PnXeLEAP
02-25 14:57

RT @historyTeraiHan: 駿府城 《天守台》昔の高さは堀の水際から約19m。現在は明治29年の歩兵連隊設置の為崩され、高さ約3.8m残る。1枚目❷(2〜4枚目)には仕切り石列があり、天下普請で各大名の作業区域を示したとされる。天守台周囲は打ち込み接だが、1枚目…
02-25 14:57


RT @sengokuage2015: 霧山城の土塁で囲まれた主郭🎵まとめツイートは後ほど https://t.co/uuXsoOIofp
02-25 14:56

RT @sanpocafe: おいーーーー!!!!((((;゚Д゚))))))) https://t.co/X3AjrUaaHF
02-25 14:56

RT @Jun6677Kjya: 日光東往還②○義家献馬の像/流山源義家は、奥州征伐の際にここ諏訪神社で武運を祈願した…○新四国江戸川八十八カ所 総本、100段の階段と朱塗りの山門…東福寺さん。右手の中門は、日光東照宮造営時に材料の一部が寄贈されたとか。鴨居に左甚五郎作の…
02-25 14:56

RT @Jun6677Kjya: 日光東往還④利根運河、完成は明治23年ですが…実は 徳川秀忠の時代にも幻の運河計画があったようですね☆運河の開通で、東京~銚子は(関宿廻りの旧ルートに比べ)40㎞/6時間の短縮に!昭和16年に役割を終えましたが…今は洪水調整水路,親水公園…に…
02-25 14:56

RT @Jun6677Kjya: 日光東往還⑥江戸幕府の御用馬や民間の輸送,農耕用の馬を生産していた牧があったため、野馬の放牧場の名残「野馬除土手」が残っています(野田)🐎☆#日光東往還 https://t.co/zbHEoEsrDl
02-25 14:55

RT @tyome_no_heya: 発掘調査の穴にしばらく心奪われていたんだけど、、、残念ながら畝じゃなかった。まだ生畝(言い方←)見たことないので、見てみたかったな〜(。>д<)とても楽しい城巡りでした!ありがとうございました! https://t.co/NpNebR6
02-25 14:55

RT @tyome_no_heya: 日本城郭史学会の滝の城ツアーに参加!滝の城にみっちり4時間…本当に隅から隅までご案内頂きました。外郭部分も結構残ってて興奮٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)→続 https://t.co/G3RVDDPkyS
02-25 14:55

RT @kazufukuda: @siro7low 大宝城は私が生まれて初めて遺構を見学した中世城郭です。通っていた高校から近かったので、関城ともども自転車で何度も足を運びました。制作過程も楽しみにしています。
02-25 14:54

RT @siro7low: 山川綾戸城の堀の水がなかなか固まりません笑 その間に関城&大宝城の作成に取り掛かります。まずは製図ですが、書籍を読み漁りながら試行錯誤しなければならないこの作業が一番大変だったりします。#関城 #大宝城 #城郭模型 #南北朝 https://t.c
02-25 14:54

RT @g9SDSBd4cJvmRiX: 長崎県島原市にある島原城。100名城の1つで、江戸時代松倉重政よって築かれた。その後松倉氏の悪政により一揆が起こり、いわゆる島原の乱である。乱後藩主松倉勝家は斬首、松倉氏は改易。その後高力氏、松平氏と転々と代わり明治維新に至る。熊…
02-25 14:51

RT @tatibana_ason: 宇和島城戦国期には西園寺氏の居城で「板島丸串城」と呼ばれていた。文禄4年に藤堂高虎が城主になり、近世城郭に改修した。江戸時代には代々伊達氏が城主となり、明治維新を迎えた。天守は現存で、伊達氏時代に建てられたものである。苔むした石垣も、良い…
02-25 14:48

RT @tetsuko_ef81: ブログを更新しました。東京メトロ丸ノ内線方南町駅のマンホール蓋 : 路上散歩備忘録(改) https://t.co/jn772rucoh #manhotalk #帝都高速度交通営団
02-25 14:45

RT @lotus62ankyo: 「暗渠散歩の何割かは、妄想でできていると思っています」吉村が東京新聞に!→東京「夜」散歩 暗渠の川面が地面に漂う:東京(TOKYO Web) https://t.co/ZFytgUa67K
02-25 14:45

RT @tyome_no_heya: 怖くて後ろ走れない:(;゙゚'ω゚'): https://t.co/1pKXd39Yb8
02-25 14:43

RT @LeFraisier14: 駿府城の発掘調査現場。ここは良い!!実はあまり時間が無くて、スキップしようと思ったけど、エイヤっと行ってみて良かった。こんな石垣があって、堀幅がこんなに広くて、と想像しつつ、感動! https://t.co/aZKm9uTbe5
02-25 14:43

@tetsuko_ef81 此方こそ、改めまして宜しくお願い申し上げ候。其の様に仰せ下さり、何より幸甚に存じまする。御楽しみ下さり、また、御役立て戴ける機会となりましたら、望外の喜びに存じます。また、是非にゆるりと。先ずは、佳き午後を御過ごし下さりませ。
02-25 14:43

@erimutchi むとう殿、何時も有り難く存じ上げまする。奈良にも御屋敷を御持ちなので御座りますか、素敵に存じまする。どうぞ、奈良にて春の訪れを御楽しみ下さりませ。仰せの如く、散策には佳き時節、歴史散策も花を愛でたり出来る様になって御座ります。どうぞ、佳き午後を御過ごし下さりませ。
02-25 14:39

スポンサーサイト
  1. 2018/02/26(月) 04:05:46|
  2. Twitterまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/26のツイートまとめ | ホーム | 02/24のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanime1117.blog105.fc2.com/tb.php/2846-23196a5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

岡田 英之

Author:岡田 英之
岡田 将曹 善英 源 英之


清和源氏 満政(山田)流 岡田家の人。


山田重忠が後裔、織田家小豆坂七本鑓・星崎城主、岡田長門守重善の子、重孝が弟にして美濃郡代、伊勢守善同の子、豊前守善政の六男、旗本善紀から十代、八九郎の孫。

日本伝統の文化や美術、工芸、芸術、技術、諸道等に重きが置かれざる現代に危惧を覚え、動き生きる者に候。

右上段の構えなれど、堅苦しくも極端でもなき、多趣味で好奇心旺盛の博物数寄者の士に御座候。

昭和52(1977)年 神奈川県三浦郡葉山町育ち 横浜市在住。

日本に限らず、世界の歴史や美術、科学技術、自然科学、岩石、鉱物なども好み、併せて関心が広く御座りまする。

学生時代に先祖調査をまとめ始め、現在二十余年目。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日誌 (3)
岡田家一族・先祖 (0)
日本の歴史・考古・美術 (0)
日本の伝統文化・工芸・技術 (1)
世界の歴史・考古・美術 (0)
武士の修行・稽古事 (0)
Twitterまとめ (3053)

AMAZON

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Since 25.Sep.2008

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード