FC2ブログ

岡田英之の駆ける日本史

岡田英之の研究日誌に御座ります。発端は先祖調査なので御座りますが、其れに留まらず、歴史や伝統文化・工芸・美術・芸術・技術などに関わる活動の記録に御座候。

01/17のツイートまとめ

Genji_Samurai

湯浴みに参る。鎌倉歩きに本日の案内に、やや身体に疲労が。明日もご案内故、確と。
01-17 23:24

RT @ensei0637: 検見取法は、毎年、作柄を検査(検見)して、年貢を決める方法。定免法だと、年貢は安定しますが、豊凶に関係なく、一定確率で、毎年年貢率上昇するので、収める方は、大変ですね!西方村も定免法にされた途端に、農民は根を上げている。検見取法を貫いてい…
01-17 23:21

RT @ensei0637: 『西郷どん』見てたら定免法と検見取法の話が……『関東郡代』にも、同じような話が……伊奈忠ミチの時代見辛いですが、元禄元年から文化15年までの越谷西方村の年貢高推移グラフ。享保9年から寛保2年までは、落ち着いた上昇線になっていますが、定…
01-17 23:21

RT @thaya2222: 蕨市の塚越稲荷神社。この中に蕨町の「はた神さま」となった高橋新五郎を祭る機神社がある。寛政3(1791)年に塚越村で生まれた二代目新五郎は、父の糸商の跡を継ぎながら織物生産を決意。機織り機械の改良と青縞織物の品質向上に尽力し、蕨織物業発展の基礎を築…
01-17 23:20

RT @thaya2222: 蕨市北町にある一本杉塚、昭和30年代までは周囲は一面水田で樹齢四百年を超える大杉がそびえ立ち、聖域であったとのこと。蕨を開発した金子氏ゆかりの塚であるとか蕨宿の鬼門除けの為など諸説ある。周囲は住宅化で埋め立てられたが、保存会の方々の拠り所として大切…
01-17 23:20

RT @thaya2222: 三学院墓地にある蕨宿本陣、脇本陣を務めた岡田家などの歴代墓地群。壮観である。このほか境内には江戸中期の宝篋印塔群、旧村にあった庚申塔、第六天塔、眼病に御利益のある目やみ地蔵(地蔵の眼に味噌を塗る信仰)など見るべきものが多い。 https://t.c
01-17 23:19

RT @thaya2222: 三学院墓地脇の伴門五郎之碑。現徳川宗家徳川恒孝氏の書。俄か調べでは、伴門五郎は蕨宿名主岡田家の三男で叔父の伴常三郎の跡を継ぎ、柳剛流剣術家岡田十内に入門、やがて幕府徒士隊に採用され、彰義隊の頭取にもなる。上野戦争で戦死。谷中の全生庵の墓地も訪ねてみ…
01-17 23:19

RT @thaya2222: 三学院境内の木食観正上人来訪記念塔、文政4(1821)年銘、木食観正は近世後期遊行聖として多くの信仰を集めた。寺が上人を招き、加持祈祷を施した。塔は蕨宿他27村298名の造立による。檀家制度の枠を超えた民間宗教者による信仰が庶民の切実な願いに応える…
01-17 23:18

RT @thaya2222: 蕨市北町3丁目の新義真言宗智山派末寺金亀山極楽寺(こんきさんごくらくじ)三学院、徳川家康からの高20石の朱印状がある古刹。惣門前にある珍しい梵字馬頭観音。側面に寛政12(1800)年の造立、蕨宿馬持講中とあることから、宿場で活躍した馬への感謝を込め…
01-17 23:18

RT @thaya2222: 中山道沿いの明治期織物買継商の店舗兼屋敷跡、蕨市が所有者から引継ぎ、歴史民俗資料館分館として内部を公開している。明治大正期の蕨町は洋糸を2本絡ませた青縞の双子織の生産地として有名。織物買継で財をなした者が生まれた。 https://t.co/vZa
01-17 23:18


RT @thaya2222: 陣馬街道旧道へ入り、古刹西蓮寺の薬師如来堂。天正18(1590)年八王子城攻略戦で豊臣方に属した上杉景勝軍が陣を張り、この堂内で炊事をした際の焦げ跡が残る。窓のない閉鎖的空間、内陣と下陣を間仕切りで分けている造りが中世仏堂建築の特徴であるという。東…
01-17 23:17

RT @thaya2222: 陣馬街道の旧道(旧案下道)沿いには、後北条氏ゆかりの寺や神社がある。日吉八王子神社、元は八王子城内あった八王子権現を落城後の文禄2(1593)年に八王子修験衆の元締め嶋之坊俊盛が勧請、境内の延命子育地蔵尊も俊盛が落城時に持ち出して、ここに安置したと…
01-17 23:17

RT @thaya2222: 先日日曜は趣味の会で、八王子陣馬街道(案下道)の寺社を巡りつつ八王子城攻撃ルートを辿った。西八王子駅近くの追分交差点。甲州街道と陣馬街道の分岐点、この道標は文化8(1811)年に江戸の足袋屋が高尾山への五重塔奉納記念として建てた一つ、空襲で破壊され…
01-17 23:17

@dobasidorui ちと、諸々を調べましてご回答申し上げまする。鎌倉攻めに関しては、色々と学びがありまして、整理を致し度、恐れ入りまするが!
01-17 23:16

@shimatatabi おおっ、流石、御存知でいらっしゃりましたか!仰せの如く、とても佳き道、地点ですな。かなり、おおっとなりまして御座りまする。ちと、開発の波が押し寄せているのが気掛かりに御座りました。
01-17 23:01

一日、古地図散歩と商品開発のお手伝いを終えまして、陣屋に至りけり。携帯端末の電池が無くなりて、予備の電源も充電を忘れており、難儀致しましたが、何とか。人形町、大観音寺の、鶴岡八幡宮の鉄井(くろがねのい)から掘り出されました鋳鉄観音像の御開帳に、奇遇にも合いまして、拝観が叶いました。
01-17 22:47

@hachi_51 とんでも御座りませぬ!御心配りを有り難く存じ上げまする。
01-17 10:08

@hachi_51 恐悦にて!どうも地方の番組らしく、また、情報が殆どなく、苦戦をして御座りまする。
01-17 09:46

RT @maru_ni_no: 美濃路歩き3日目、大垣〜垂井追分。約11.3Km、美濃路踏破したぞー\(^_^)/ https://t.co/2VevD6f1cS
01-17 09:20

RT @yuu65136455: 福島県棚倉町 巨木編🌳「棚倉城跡の大ケヤキ」推定樹齢600年 幹囲9.5m棚倉城の大手門に位置し、登城者を待ち構えるこの姿に思わず息を呑む。徳川秀忠から築城を命じられた丹羽長重をこの木は見ていたんでしょうね。 https:…
01-17 09:20

RT @pukupuku_marimo: 先日スーパーで見つけた納豆。品名にドッキン惹かれて2個買いました。ちょっとお高め価格ですが、大粒で歯ごたえあって昔の納豆を思い出しました。タレの出汁が効いててとても美味しかったです❗️また見つけたら買っちゃう…てか、信州別所行きたい…
01-17 09:20

RT @yuu65136455: 福島県白河市 巨木編白河の関「従二位の杉」🌲鎌倉時代初期の歌人藤原家隆は嘉禎元年(1235)従二位の官位を与えられるが翌年出家。仏性と号して各地を遊行、この地で杉を植えた伝承が残る。何が良いって杉の名前が良い。 https://…
01-17 09:20

RT @siro7low: ベースの塗装が終わったため仮組みしてみました。今日はこの辺までで終わりにします。#山川綾戸城 #結城氏 #城ラマ https://t.co/P10BumHw2D
01-17 09:08

RT @yuu65136455: 宮城県亘理町 大雄寺伊達成実公御霊屋御開帳年2回の特別な日(1月16日と8月16日)そして今年は生誕450周年!昨年に続き今年も目出度く御参拝。 https://t.co/1m5BqhFyad
01-17 09:06

スポンサーサイト
  1. 2018/01/18(木) 04:05:41|
  2. Twitterまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<01/18のツイートまとめ | ホーム | 01/16のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanime1117.blog105.fc2.com/tb.php/2807-e031667c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

岡田 英之

Author:岡田 英之
岡田 将曹 善英 源 英之


清和源氏 満政(山田)流 岡田家の人。


山田重忠が後裔、織田家小豆坂七本鑓・星崎城主、岡田長門守重善の子、重孝が弟にして美濃郡代、伊勢守善同の子、豊前守善政の六男、旗本善紀から十代、八九郎の孫。

日本伝統の文化や美術、工芸、芸術、技術、諸道等に重きが置かれざる現代に危惧を覚え、動き生きる者に候。

右上段の構えなれど、堅苦しくも極端でもなき、多趣味で好奇心旺盛の博物数寄者の士に御座候。

昭和52(1977)年 神奈川県三浦郡葉山町育ち 横浜市在住。

日本に限らず、世界の歴史や美術、科学技術、自然科学、岩石、鉱物なども好み、併せて関心が広く御座りまする。

学生時代に先祖調査をまとめ始め、現在二十余年目。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日誌 (3)
岡田家一族・先祖 (0)
日本の歴史・考古・美術 (0)
日本の伝統文化・工芸・技術 (1)
世界の歴史・考古・美術 (0)
武士の修行・稽古事 (0)
Twitterまとめ (3053)

AMAZON

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Since 25.Sep.2008

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード