FC2ブログ

岡田英之の駆ける日本史

岡田英之の研究日誌に御座ります。発端は先祖調査なので御座りますが、其れに留まらず、歴史や伝統文化・工芸・美術・芸術・技術などに関わる活動の記録に御座候。

01/04のツイートまとめ

Genji_Samurai

RT @contact_ollies: 東京街かどタイムトリップも面白そう
01-04 23:20

有り難く、本日の講座を無事に終えまして、陣屋への帰路に御座りまする。胤丸も、御疲れの様子にて。 https://t.co/iK9orIUdwv
01-04 22:59

胤丸。美男子ですなぁ。 https://t.co/xQ218dOpn4
01-04 14:01

講座の仕上げに。 https://t.co/UkN4ZCWqnr
01-04 13:44

年賀版画の構想、固まれり。
01-04 13:15

散歩かふぇ ちゃらぽこの行き方は、此方を御覧下さりませ。https://t.co/cyTXuu0Ui8胤丸も、息災なりや。
01-04 12:37

散歩かふぇ ちゃらぽこへ。本日は、年始一回目の講座、「縁起物」を語りまする。縁起物の由来から、その背景、色々な縁起物などをご紹介仕りまする。十九時より二時間、いち飲み物付きで千五百円、御予約は御不要にて、是非に。
01-04 12:32

RT @Sky3310: 松本城わず雪化粧した北アルプスと松本城見れたーーーーーーーーーー‼ https://t.co/vXi5P01Whx
01-04 12:14

RT @kaisan36: 正月故に財布の紐が弛んでおり、ついつい『室町時代人物事典』を買ってしまいました。各家毎に紹介されていて大変読み応えがあります。とても分厚いので嫁さんに苦い顔をされましたが(汗) https://t.co/cKD7B8p1o9
01-04 12:14

RT @kojima_sakura: 歴博佐倉所蔵の「江戸図屏風」(原本17世紀前期か)にも、門松(松と竹(笹)と注連縄)が町屋の前に飾られた風景が描かれています。https://t.co/gSkKHPa9iH(左隻第4~5扇の中下、「新橋」の左側)どちらかと言うと、平安以来…
01-04 12:13


RT @kojima_sakura: 門松の件、仙台のK先生から御連絡をいただき、今年も仙台市の「歴ネット」各館で、伝統的な門松を、それぞれ実際に作って飾っているそうです。https://t.co/bySa88xtzR行事が均質化され、独自性へのこだわりがなくなると、多様性へ…
01-04 12:12

スポンサーサイト
  1. 2018/01/05(金) 04:05:21|
  2. Twitterまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<01/05のツイートまとめ | ホーム | 01/03のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanime1117.blog105.fc2.com/tb.php/2794-ea4c88be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

岡田 英之

Author:岡田 英之
岡田 将曹 善英 源 英之


清和源氏 満政(山田)流 岡田家の人。


山田重忠が後裔、織田家小豆坂七本鑓・星崎城主、岡田長門守重善の子、重孝が弟にして美濃郡代、伊勢守善同の子、豊前守善政の六男、旗本善紀から十代、八九郎の孫。

日本伝統の文化や美術、工芸、芸術、技術、諸道等に重きが置かれざる現代に危惧を覚え、動き生きる者に候。

右上段の構えなれど、堅苦しくも極端でもなき、多趣味で好奇心旺盛の博物数寄者の士に御座候。

昭和52(1977)年 神奈川県三浦郡葉山町育ち 横浜市在住。

日本に限らず、世界の歴史や美術、科学技術、自然科学、岩石、鉱物なども好み、併せて関心が広く御座りまする。

学生時代に先祖調査をまとめ始め、現在二十余年目。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日誌 (3)
岡田家一族・先祖 (0)
日本の歴史・考古・美術 (0)
日本の伝統文化・工芸・技術 (1)
世界の歴史・考古・美術 (0)
武士の修行・稽古事 (0)
Twitterまとめ (3053)

AMAZON

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Since 25.Sep.2008

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード