FC2ブログ

岡田英之の駆ける日本史

岡田英之の研究日誌に御座ります。発端は先祖調査なので御座りますが、其れに留まらず、歴史や伝統文化・工芸・美術・芸術・技術などに関わる活動の記録に御座候。

01/01のツイートまとめ

Genji_Samurai

RT @kojima_sakura: 承前)『風俗問状答』の秋田藩の門松の図、門へ向かう人々にも心惹かれますが、「もの語座頭つらなり来るの体」とあります。洛中洛外図屏風「東博模本」(原本16世紀)の右隻3扇にも、正月の光景ではないですが、屋敷の門へ「連なり来る」瞽女らしい集団が…
01-01 17:54

RT @kojima_sakura: 承前)『風俗問状答』は、通信による全国の民俗調査の先駆として、柳田国男も高く評価しているようですが、これって、今はSNSで簡単にできるとも言えますし、実際、拙ツイにも時にそういう反応をしてくださる方がいらしてうれしいです。情報を同時に共有で…
01-01 17:48

RT @kojima_sakura: あけましておめでとうございます。RTした国立公文書館の『風俗問状答』、面白いですね。門松については一昨年の正月に書きましたが、注連縄が古く、門松は民間からの習俗のようです。歴博佐倉第2展示室入口の『年中行事絵巻』(原本平安末)のパネルも正…
01-01 17:45

よきつきよ。
01-01 17:25

弊方の、父作、年賀状。 https://t.co/JFVTFxI3A3
01-01 16:04

鎌倉一族の、長江太郎義景が勧請せる、御霊神社に参拝す。 https://t.co/ndxSZPSG00
01-01 13:56

版画の構想を練りながら(遅)、葉山に参りまする。
01-01 13:18

RT @thaya2222: ガイドの岡田さんからのご教示で土手の上から見える珍風景。地下鉄丸の内線が総武線の上を走っている。ここからは赤坂の迎賓館や赤坂御用地の通用門も見通せ、見ごたえのある風景が続く。(了) https://t.co/j0xGlg23rt
01-01 13:17

RT @thaya2222: 喰違見附から四ツ谷駅までは外堀の土塁の上を歩く。水面はないが、上智大学のグランドが堀跡である。桜は後年に植樹されたもので基本的に江戸時代は外敵が隠れないよう樹木はなかったとのこと。その中で恐らく江戸時代にはあったであろう松の木があった。 https…
01-01 13:17

RT @thaya2222: 喰違(くいちがい)見附跡へ。外堀の中でも最高の地形。枡形門でなく土塁の配置を工夫することで敵の直進を阻む戦国風の虎口の形態を採用。あまり改変されず遺構が残っている。明治7年1月,征韓論で不満をもった不平士族に襲撃された岩倉具視がここから堀に飛び込む…
01-01 13:16


RT @thaya2222: ホテル内にある大木。推定樹齢は200年を超えることから少なくとも井伊家屋敷地内に生えていたことが判明。イヌマキとカヤの木。区内の江戸時代由来の樹木は希少で千代田区が天然記念物に指定している。数々の歴史が残る日本庭園である。 https://t.c
01-01 13:16

RT @thaya2222: ニューオータニ庭園内には貴重な文化財もある。元は上野寛永寺にあった灯籠群。1枚目:天保12年保科家が文恭院殿(家斉)に献納したもの。2枚目:慶安5年井伊家が大猷院殿(家光)に献納したもの。経緯は不明だが上野戦争で破壊された境内から移設されたものらし…
01-01 13:16

RT @thaya2222: 井伊家中屋敷跡に立つホテルニューオータニ。ホテル内の日本庭園が公開されている。その中に立つ創業者大谷米太郎の銅像。朝倉文夫作。庭園を含むこの土地は、加藤清正→井伊家→伏見宮家と引き継がれ現在に至る。 https://t.co/B7JoTHmRZL
01-01 13:16

RT @thaya2222: 東京ガーデンテラス側から見た赤坂御門。ここからは弁慶掘も見渡せる。赤坂門は寛永13年福岡藩黒田家によって築造。石垣石に黒田家の家紋裏銭紋の刻印が残る。弁慶掘に面して紀州藩と井伊家の広大な中屋敷があった。4枚目写真は弁慶橋から見た赤坂門方面。 htt…
01-01 13:16

RT @thaya2222: 赤坂御門跡。明治期の写真が残る、弁慶掘と溜池をつなぐ高台で見降ろせる位置にあって軍事的な重要性が窺える。現在の石垣はもう少し地中深くにあったようで、矢印の位置が地表面である。門をはめ込むため石垣を切除していた部分。 https://t.co/uPU
01-01 13:16

RT @thaya2222: 赤坂氷川神社境内にある大銀杏。神社の創立以前からあった推定樹齢400年の巨木で港区の天然記念物。乳根も発達。神社は戦災の直撃は免れたが、銀杏に火が降りかかり焼け焦げた跡が残り、戦災の遺産でもある。 https://t.co/u1qQX55kK3
01-01 13:15

RT @thaya2222: 享保15年徳川吉宗が現社殿を新築した赤坂氷川神社、吉宗好みの質実剛健な本殿。それ以前の社に奉納された灯篭があり、享保9年に表傳馬町、裏傳馬町、元赤坂町の町民が寄進したもので信仰の基盤が窺える。嘉永5年に地域の若者組が奉納した石塔などもあり、歴史が感…
01-01 13:15

RT @thaya2222: 12/30,歩き旅応援舎古地図散歩(溜池山王~四ツ谷)に参加。赤坂地内で3回転居した勝海舟の住居跡を確認、維新後静岡に一時的に転居する以外は生涯を赤坂の地に過ごす。勝は明治32年76歳で没するが、晩年まで過ごした敷地は死後東京府に寄付され、氷川小学…
01-01 13:15

RT @ZZKSHA: 「さし旅」の中で私が「てみず(手水)」と言ったところでテロップとナレーションで「ちょうず」と入ったことに気づいた方もおられると思うので一言。私自身も「ちょうず」の方が言い慣れているのですが、神社本庁監修『神社のいろは』が「てみず」としているのでロケではこ…
01-01 13:15

RT @thaya2222: 最後に立ち寄った赤坂日枝神社。舌状台地の先端に立地し、星ヶ岡城という中世の城砦跡でもある(土塁の痕跡あり)、古地図では社の周囲に多くの寺があったが神仏分離により消滅。現在の立派な鳥居は裏鳥居である。本来は逆方向が表参道であり、幕末期には門前町を成し…
01-01 13:14

RT @thaya2222: 首相官邸裏手の池にも刻印が入った石垣石が点々と使用されている。 https://t.co/9WG3RcdV8q
01-01 13:14

RT @thaya2222: 虎之門を過ぎた外堀には、溜池で堰き止めた水が滝のようにして流入。江戸名勝図絵にもその様子がはっきり描画されている。この付近に堰があったらしい。微妙な高低差であるが、歩くと溜池があった場所は浅い谷状の底地になっていることが分かる。 https://t…
01-01 13:14

RT @thaya2222: 虎之門跡に立つ文部科学省内には発掘された石垣が復元されている。復元跡を辿ると当時の堀の形態も想像できる。展示室では堀の水位、石垣の採掘地、運搬方法、構造などの解説板がある。 https://t.co/AhRzyQ8TAX
01-01 13:14

RT @thaya2222: 外堀は新橋駅手前(旧幸橋門付近)でほぼ直角に西へ方向転換。外堀を埋め立てた土地に立つビル群は堀幅を反映して細長い。ビルの一画に石垣を発見。石垣には石割した際に残る矢穴や九州の大名家(立花や有馬)の刻印が見られる。河岸通りとして賑わいのあった場所。…
01-01 13:14

RT @thaya2222: 数寄屋橋門跡付近は全く掘割形態はないが、外堀の真上に建設された高速道路のカーブはそのまま外堀の曲がりを表している。泰明小学校という古い小学校があり、窓が昭和初期の古い形。島崎藤村や北村透谷(明治前期の詩人評論家、25歳で自殺)が幼き日に学ぶ。 ht…
01-01 13:14

RT @thaya2222: 数寄屋橋門の城内近くにあった南町御奉行所、屋敷を囲む石垣が陳列されていた。地下街の一画に奉行所で使用していた穴蔵(地下室)の板枠や木製の水道管、石垣を加工した椅子も陳列されている。発掘調査で大岡忠相に宛てた木札が発見されている。 https://t…
01-01 13:14

RT @thaya2222: 広いところで60m程あったという堀幅を想像しながら外堀通りを南下。鍛冶屋橋門跡から、東京国際フォーラムへ。ここは旧都庁跡地、大正6年の東京府庁舎跡旧跡碑がある。元々旧都庁舎前に立っていた太田道灌像は今は国際フォーラム1階に移転し、江戸城天守閣の模型…
01-01 13:14

RT @thaya2222: 本日午後は歩き旅応援舎江戸城外堀コース(東京駅~溜池山王)に参加、この区間の外堀は全部埋め立てられた区間なので、痕跡を見つけながら過去の掘割を想像。スタートは東京駅八重洲口、地下街に地名発祥の由来になったヤン・ヨーステン像がある。1600年に漂着後…
01-01 13:14

RT @naoejou: 戌年ということで、高山寺にある明恵上人愛玩の湛慶作とされる子犬様を縁起物としてup🐶 https://t.co/QowPo80ein
01-01 13:12

RT @nankuruseikun: 2017年を振り返ってみて、自分なりによく頑張ったなーと思うのは、やっぱり荒砥城から見える山城たちを制覇出来た事だな。 https://t.co/khUYyLSj5A
01-01 13:03

RT @mikameyukiyomi: あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。(こっそり犬山城) https://t.co/iPB8J6Dh8A
01-01 13:02

RT @naruseyanoken1: 江戸期の食文化、出土の食器などで紹介 京都市考古資料館(京都新聞) https://t.co/Ba7qqeNDV9
01-01 13:00

RT @polon0702: 謹賀新年2018年元旦御目出度う御座います本年も宜しくお願い申し上げます。18年のスタートはこちらからNHK正月時代劇「風雲児たち〜蘭学革命編〜」総合テレビ19時20分〜20時49分お見逃しなく! https://t.co/xoGQw
01-01 13:00

RT @yoshiteru_hsgw: 御来光!今年も、豊臣秀吉が築いた石垣山城(神奈川県小田原市)で、初日の出を拝んでまいりました!私の手元にあるのは、城跡に隣接するヨロイヅカファームの毎年恒例のシチュー!2018年も良い年になりそうです!戌年ということで、…
01-01 12:59

穴八幡宮へ参拝。 https://t.co/Gz4ZAukb5X
01-01 04:38

RT @sanpocafe: そして同じく岡田英之氏ガイドにより、2018年最初の散歩会は七福神めぐり@浅草! 七福神を回るのも楽しいですが、周囲の見所も盛りだくさんのコースです。新年の福さんぽはいかがでしょうか♪1.14(日) 新春<福>さんぽ「浅草名所七福神めぐり」 h…
01-01 00:13

RT @sanpocafe: ちゃらぽこは、年明けは4日(木)から営業いたします。最初の日は午後7時から岡田英之氏の講座があります。お正月らしく、テーマは「縁起物」! ご参加お待ちしております(^o^)/さんぽ家のための江戸の旅講座 https://t.co/MaU7fX
01-01 00:12

RT @sygyq729: 丹波篠山 春日神社能舞台。ヲトーサンは翁神事 元旦能を観に来ました。 https://t.co/b7DFbxY0Ie
01-01 00:12

RT @shimabarabushou: アメブロを更新しました。『|・`ω・)و〜大晦日〜』#島原城 #大晦日【他画像2枚】 https://t.co/AFUfrZcxD6
01-01 00:12

RT @poponainai: ブログ更新しました!!!12月の振り返り記事です。トーハクのすばらしい刀の数々、今なら13室だけでなく14室で公開もされております。是非見に行って欲しいです。刀ステに刀ミュにも触れた12月でした。2017年12月の刀剣関連を振り返ってみた…
01-01 00:12

RT @kashiwagiyugehi: もうすぐ年が明けます。丹波篠山の春日神社能楽殿の《翁》神事で新年を迎えようと参りました。この能舞台は篠山藩主青山家が幕末に奉納したもの。#兵庫県 #篠山市 #春日神社 #能楽 #翁 #翁神事 #猿楽 #能舞台 https:/…
01-01 00:11

鐘を衝く方の列が長々と。
01-01 00:11

RT @hikisimousa: 「家康、江戸を建てる」、書評更新!!詳細はブログにて。年末滑り込み更新成功!!今度こそ、よいお年を。https://t.co/RgPOwDNLtu https://t.co/QKhH5qAQVY
01-01 00:10

幸先善し。油断なく。 https://t.co/X2IONUlfwF
01-01 00:01

いざ、新年へ。 https://t.co/dDbrZydJHv
01-01 00:00

スポンサーサイト
  1. 2018/01/02(火) 04:05:27|
  2. Twitterまとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<01/02のツイートまとめ | ホーム | 12/31のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kanime1117.blog105.fc2.com/tb.php/2791-bc9e28e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

岡田 英之

Author:岡田 英之
岡田 将曹 善英 源 英之


清和源氏 満政(山田)流 岡田家の人。


山田重忠が後裔、織田家小豆坂七本鑓・星崎城主、岡田長門守重善の子、重孝が弟にして美濃郡代、伊勢守善同の子、豊前守善政の六男、旗本善紀から十代、八九郎の孫。

日本伝統の文化や美術、工芸、芸術、技術、諸道等に重きが置かれざる現代に危惧を覚え、動き生きる者に候。

右上段の構えなれど、堅苦しくも極端でもなき、多趣味で好奇心旺盛の博物数寄者の士に御座候。

昭和52(1977)年 神奈川県三浦郡葉山町育ち 横浜市在住。

日本に限らず、世界の歴史や美術、科学技術、自然科学、岩石、鉱物なども好み、併せて関心が広く御座りまする。

学生時代に先祖調査をまとめ始め、現在二十余年目。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

日誌 (3)
岡田家一族・先祖 (0)
日本の歴史・考古・美術 (0)
日本の伝統文化・工芸・技術 (1)
世界の歴史・考古・美術 (0)
武士の修行・稽古事 (0)
Twitterまとめ (3130)

AMAZON

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Since 25.Sep.2008

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード